睡眠の良し悪しの見極め方

アトピーによる不眠の改善は就寝前の環境で決まる

アトピーによる不眠の改善は就寝前の環境で決まる アトピーによる不眠を改善するためには、就寝前の環境作りが大切です。
就寝2時間前になったら蛍光灯の明るさを半分にしてなるべく光を浴びないようにすることが必要です。
部屋の暗さが眠気を誘うのは脳から分泌されるメラトニンという物質が関係しています。
メラトニンは血圧や体温などを下げる効果があり、分泌されることで自然な眠りにつくことができます。
メラトニンは朝太陽を浴びてから約15時間後に分泌が始まり、分泌量は就寝する時間の1〜2時間前から上がり真夜中がピークとなります。
しかし、メラトニンは目から入る光で分泌が抑えられることがあるため、気持ちよく眠りにつくためにはメラトニンの分泌を妨げないことが必要で、その環境を部屋を暗くすることで作ることができるのです。
アトピーによる不眠の改善には就寝前2時間は部屋を暗くすることです。
それ以外には寝る部屋の湿度調節も夏は26度〜28度、冬は16度〜19度で湿度を50%〜60%にすることが睡眠に理想的な環境です。

アトピー不眠を改善する最適な睡眠環境とは?

アトピー不眠を改善する最適な睡眠環境とは? アトピー性皮膚炎が悪化していると、耐えがたい強烈なかゆみや肌のほてり、患部の傷の痛みなどで夜眠れなくなってしまいます。
睡眠導入剤を飲んでも、症状が勝っている場合は効果がえられにくくなってしまいます。
かゆみで眠れないということを繰り返しているうちに、不眠症を併発してしまうケースが多々あります。
アトピーは、ストレスも悪化の原因のひとつです。
ストレスと睡眠は密接な関係があり、睡眠をうまくとれないだけで、ストレスは増幅します。
少しでも質の良い眠りをとるためには、睡眠環境を整える必要があります。
遮光カーテンで外の光を遮断する、アトピーは暑さで悪化するので部屋の温度を少し下げる、ヒーリングミュージックを聞く、アロマオイルやキャンドルを使う、スマートフォンの快眠アプリを利用するなど、良い睡眠をとるための、いろいろな方法があります。
質の良い睡眠は、アトピー改善に効果があります。
自分にあった睡眠環境作りをして、からだをゆっくり休めましょう。

「不眠」
に関連するツイート
Twitter

不眠不眠(ふみふみ)

不眠でお悩みの方へ☆ お体が疲れすぎていませんか?精神的にも参っていませんか?Kazunoの気功バランスマッサージで、体を温め、疲れや滞りを流して心身のリラックス&リフレッシュをお試しください♡

Twitterかずのバランスエステ 高輪@kazunoroppongi

返信 リツイート 1分前

不眠対策におすすめのカモミール】 カモミールは神経を鎮めることで安眠効果もあります。 睡眠不足・不眠気味な方は、就寝前にカモミールティーを1杯のんでみましょう。 さらに、鎮痛作用があり、鈍い筋肉痛、頭痛、片頭痛、神経痛、歯痛、耳痛に効果もあります。

最近ある種の不眠

Twitterうめ(。・∀・。)☆彡@UMErikaraage46

返信 リツイート 4分前

不眠症すぎてつらすぎるw

Twitter結茉瑠(ゆまる)固ツイいいね🙋@yumaru12051

返信 リツイート 7分前

返信先:@large_na あらあら、困っちゃいましたねえ。不眠は癖にしちゃうと後が大変ですよ。今のうちに出来る限り直しておいた方が良いと思いますよ。

シゲ「共通の知り合いを介して嵐の大野くんと一緒に釣りをしまして」「大野くんは釣りがしたくてしょうがないから、24時間釣りってことになっちゃって。不眠不休で」「僕初めてだし、気も遣うじゃないですか、先輩に。後半記憶がないんですよ。意識朦朧としちゃって」2009/4/27 HEY×3

返信先:@Hana_56n ただの不眠症なだけw

TwitterかずちゃまLv38@夢民@ぜよ@2/29おめ誕@kazu_haou25

返信 リツイート 14分前

返信先:@Ryoshin555 オハス(:D)┓ 不眠症け?